親族の方との付き合い方

後見業務の中で、いつも心がけていることは、親族の方と、いかにお付き合いしていくか
ということです。
もちろん、後見業務の真の目的は、
「いかに、本人の権利を守るか」です。
残念ながら、親族の方と意見が合わず、対立せざるを得ないこともあります
ただし、そういう場合でも、頭ごなしに「認められません」ではなく
「なぜ、認められないのか」「何がだめなのか」を、
きちんと説明するように心がけています。
そうすることが、結果的に、被後見人さん(ご本人)のためになると考えるからです。
ギスギスした人間関係の中で過ごすより、協力関係、少しでも気にかけてもらえる関係の中で生活する方が、絶対にご本人のためになると思います。
そういう関係を、気づいていくよう努力することも、後見人の務めだと思います。
現実には、いろいろと難しいのですが・・・。
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/05/21

skypeからの電話

うちの事務所では、慢性的な電話回線不足に悩まされています。
回線を増やすためには、ビルの工事が必要らしく、どうしようかしら・・・。
と思っていたのですが、最近、スカイプから一般電話に電話をかける方法を知りました。
今まで、打ち合わせなどでスカイプを使うことはありましたが、電話として使えるとは
本当に使えるのか、まずは、プライベートで使ってみました。
「はい、●●です」
おお~~、つながった
これは便利
事務所でも使ってみようと思います。
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/05/18

フリーライターさんとのお仕事

今、フリーライターさんにお仕事をお願いしています。
神垣あゆみさん
http://kamigaki.blog.ocn.ne.jp/
本も何冊か出版されているのですが、「メールは1分で返しなさい」という本が、今、好評のようです。
先日、テレビでも紹介されていました。
私も、良くメールをするのですが、仕事上のメールって、いろいろと難しいですよね。
神経を使います。
用件を的確に伝えることはもちろん、いかに相手に好印象を持っていただけるか・・・。
神垣さんとは、打合せで何度かお話しさせていただくのですが、「自分の足で立ってる感」を感じさせてくれる、かっこいい女性です
自分の腕1本で仕事してる方って、みなさん輝いていますね。
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/05/13

GWの過ごし方

1週間ぶりの更新です。
GW終わっちゃいましたね。
今年のGWは、懸案になっている家のことを片付けようと思っていました。
調子の悪いテレビを修理してもらう。
調子の悪い空気清浄機を修理してもらう。
調子の悪い洗濯機を修理してもらう。
電化製品が軒並み調子悪いですね・・・。
ぐちゃぐちゃの台所戸棚を整理する。
ぐちゃぐちゃの押入れを整理する。
ぐちゃぐちゃの食器戸棚を整理する。
ぐちゃぐちゃ多いですね・・・。
一応、全部済ますことができました
ぐちゃぐちゃなものを整理していたら、まぁいろいろ出てきました。
結婚式に配ったお菓子
(もう3年半経ちました)
2年以上前に、サプリメントのサンプル
などなど・・・。
きれ~に捨てていったら、逆に入れるものがなくなり、スペースがあまりまくっています。
ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた日々は、何だったんでしょうか
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/05/08

見積依頼について

インターネットの普及のせいか、以前に比べ、登記手続きを自分でされたり、依頼する司法書士を自分で探されたりする方が、増えているような気がします。
一般的には、
銀行が紹介してくれる人
とか
不動産業者さんが紹介してくれる人
に、登記を依頼する方が多いと思いますが。
うちの事務所にも、登記の見積依頼をいただきますが、
うちの事務所の報酬は、他の事務所に比べて極端に「安い」ということはないと思います。
もちろん、高いわけではありません。
適正な料金設定だと思います
なぜ、極端に安くしないのか
それは、依頼者さん1人1人と、一生のお付き合いができる事務所でありたいからです。
「その時だけ」の依頼ではなく、その後も、何かあれば、気軽に相談していただける関係。
うちの事務所の業務範囲でなくても、他の士業の先生をご紹介させていただく関係。(そのために、特別な費用をいただくことはありません)
そういう関係を築くためには、依頼者さんの顔が見えていなければなりません。
安く、大量に業務をお受けする事務所ではなく、依頼者さんの顔が見える事務所であり続けたいと思っています。
なので、値段だけで、依頼先を決めてしまうのは、残念だな~と思います。
もちろん、費用というのは重要な要素だと思いますし、その時の登記だけ依頼できればいいという方もいらっしゃると思いますので、そのことを否定するつもりはありません。
依頼者さんに信頼してもらえる事務所目指して、日々、精進ですね
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/05/01

切手での報酬

ある方の相続登記が完了し、報酬をいただいたのですが、
全て、切手&小為替
私は仕事上、切手も小為替もある程度持っていますが、その方は個人の方です。
切手は分かりますが、なぜ小為替
うちの事務所への報酬のために、小為替を購入したようでもなく。
(小為替には期限がありますので、いつ購入したものかが分かります)
報酬を小切手でいただいた事はありましたが、小為替でいただいたのは初めてでした。
びっくりしましたが、ちょっと楽しかったです
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/04/24

自家製のお野菜

先日、税理士の先生と一緒に、ある依頼者さんの自宅に、遺言の相談を
受けに行ってきました。
一通り話しが終わり、帰ろうとすると
「これ、うちの畑でとれたものだから」
といって、大量のお野菜をいただきました
当たり前ですが、お野菜に土が付いていて、とっても新鮮
スタッフみんなで分けて、美味しくいただきました
ありがとうございました
飯島きよか司法書士事務所/広島

司法書士の歴史

今日は、スタッフと一緒に、ある施設に入所されている方の遺言の
相談を受けてきました。
名刺を出して、「司法書士の飯島です」
と、挨拶すると、
「まぁ~~~~~、司法書士、懐かしい
お父さまが司法書士をされていたとのこと。
して、場所が、南朝鮮
今から70年くらい前の話しだということです。
へ~~~。
司法書士って、明治5年からある制度なんですが、改めて、歴史を実感しました
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/04/17

離婚の相談

以前、不思議と相談内容が重なることが多いというお話しをしましたが、
現在は、離婚が集中しています。
一言に「離婚」と言っても、年齢も、生活状況もさまざまです。
子供がいる方、不動産をお持ちな方、ローンが残っていらっしゃる方、慰謝料を請求される方・・・。
人の数だけ、人生があるということを改めて実感します。
私は司法書士ですので、ご夫婦が両方とも納得された上での手続きのお手伝いをさせていただいています。
離婚は辛いことですが、お互いが乗り越えていく中で、少しでも役に立てればと思っています。
飯島きよか司法書士事務所/広島

携帯書籍

以前、携帯での読書にはまったいるお話しをしたことがありますが、
ここ最近、忙しくて、すっかり遠ざかっていました。
久しぶりに覗いてみると、その間にえらくポイントがたまっていました
なので、いろいろダウンロードしてみました。
「フィッシュストーリー」「ブルータワー」「余命」「イキガミ」「地下鉄(メトロ)に乗って」
全部、映画の原作ですね。
時間がある時に、少しずつ読んでいきました。
読み終わってすっきりするもの、疑問が残るもの、ほっとするもの・・・。
ジャンルが全てばらばらですが、それぞれに満足できるものばかりでした
飯島きよか司法書士事務所/広島

2009/04/08