ご自身、ご家族の老後について考えてみませんか

あすみあ司法書士事務所では
故郷に住むご両親が気になる方へ適切なサポート
ご自身の家のこと、お墓のことなどの将来の不安に対する準備のサポートをいたします。

後見始めてみませんか?

故郷に住む両親が心配

少し物忘れが増えたかも

銀行でお金が下ろせなくなった

法定後見制度を利用すれば、
本人ができないことをお手伝いすることができます。

法定後見手続をするメリット

  1. 本人が銀行でお金を下ろすことができなくなってしまった
  2. 代理でお金を下ろすためには、本人の委任状が必要
  3. 委任状が書けない(委任状の理解が難しい)
  4. お金が下ろせない

後見制度を利用すると、本人の委任状なしに、お金を下ろすことができるようになります。
具体的には、裁判所に後見の申立をし、裁判所から許可が出れば、後見人が、本人に代わって財産の管理を行うようになります。

法定後見の流れ

法定後見の流れ 画像

最近、少し物忘れが出てきたかと思う時がある
(判断能力に少し衰えがある)

しっかりしている時もあるけど・・・
(判断能力にかなり衰えがある)

しっかりしている時はほとんどない
(判断能力が非常に減退している)
家庭裁判所への申立
財産管理スタート

(*) 司法書士が補助人・保佐人・後見人になることも可能です。

手続きの流れ

後見制度について、手続の流れを説明申し上げます。

  1. 1ご相談いただき、本人とお会いします。

  2. 2お話を伺いながら、一番ふさわしいと思われる方法を提案します。

  3. 3必要な資料を集め、家庭裁判所へ申し立てをします。

おおまかではありますが、この3つが手続の流れとなります。

依頼料金

当事務所では、報酬料金(手続費用)について、お話を伺ったのちに、必ず、報酬料金、法律上必要な実費などについて、説明させていただいています。
下記はあくまでも一部の例の目安ですが、参考としていただければ幸いです。

後見手続に関するご相談は、原則無料(1時間以内)です。ゆっくりお話しいただけます。 まずはご相談ください。

法定後見

財産の価格 サポート内容 基本料金
1000万円 未満 ①ご本人様との面会
②財産調査
③親族関係の調査
④各関係者との調整
⑤金融機関との打ち合わせ
⑥家庭裁判所申立て
⑦家庭裁判所への同行
118,000円+消費税~
3000万円 未満 138,000円+消費税~
5000万円 未満 158,000円+消費税~
7000万円 未満 178,000円+消費税~
7000万円 以上 208,000円+消費税~

予想される実費

裁判所に支払う印紙等 10,000円
親族調査の戸籍等 5,000円~10,000円
医師の診断書 3,000円
医師の鑑定料 50,000〜100,000円
不動産調査 不動産1筆目当たり1,000円+消費税

※司法書士が後見人に就任した後の報酬は、 1年に1回、裁判所が決定します

実際の解決事例

後見手続に関して、依頼者さまからお声をいただいています。
ここに、紹介させていただきたいと思います。

80代女性のケース(後見)

県外に住む、息子様からのご依頼でした。
お母様は、広島の施設で生活されておられました。
奥様と協力しながら、施設とのやり取りや、支払いなどをされておられましたが、お盆やお正月しか、まとまった休みが取れないため、県外で対応するのが難しくなり、事務所に相談にいらっしゃいました。

手続きの流れ
  1. ①息子様から相談をお受けし、手続きの流れと料金をご説明
  2. ②委任状をいただき、業務スタート
  3. ③お母様とお会いさせていただく
  4. ④財産の確認と、必要書類の手配
  5. ⑤家庭裁判所へ申立
  6. ⑥後見人選任(弊所の司法書士が後見人に選任されました)
  7. ⑦財産管理スタート
     銀行の手続き
     施設との打ち合わせ。
     裁判所への報告 など

80代女性のケース(後見)

県内に住む、ご兄弟からのご依頼でした。
ご本人は、施設で生活されておられました。
兄弟みなさんで協力しながら、ご本人をサポートされてこられましたが、年齢を重ねられ 兄弟だけで対応するのが難しくなり、事務所に相談にいらっしゃいました。

手続きの流れ
  1. ①弟様から相談をお受けし、手続きの流れと料金をご説明
  2. ②委任状をいただき、業務スタート
  3. ③ご本人とお会いさせていただく
  4. ④財産の確認と、必要書類の手配
  5. ⑤家庭裁判所へ申立
  6. ⑥後見人選任(弊所の司法書士が後見人に選任されました)
  7. ⑦財産管理スタート
     銀行、証券会社の手続き
     施設との打ち合わせ
     不動産の売却(ご本人名義の不動産がありましたので、裁判所の許可を得て売却しました)
  8. ⑧裁判所への報告

70代女性のケース(保佐)

ケアマネージャーの方からの相談でした。
ご本人は、自宅で1人暮らしされておられましたが、通帳を無くしてしまい、何度も再発行を繰り返すなど、ご自身で財産管理をする事が難しいという事で、ご相談をいただきました。親族の方は県外にお住まいで、 サポートは難しいため、1人暮らしは危険だと判断し、施設入所を進めることになりました。

手続きの流れ
  1. ①ケアマネージャーと一緒に、ご本人とお会いさせていただき、家庭裁判所の手続きについてご説明
  2. ②委任状をいただき、業務スタート
  3. ③財産の確認と、必要書類の手配
  4. ④家庭裁判所へ申立
  5. ⑤保佐人選任(弊所の司法書士が保佐人に選任されました)
  6. ⑦財産管理スタート
     銀行、証券会社の手続き
     施設入所の手配
     裁判所への報告 など

70代女性のケース(補助)

県内に住む、妹様からのご依頼でした。
ご本人は、自宅で1人暮らしをされておられましたが、もの忘れが激しくなり銀行でお金を下すことができない事があり、ご相談にいらっしゃいました。

手続きの流れ
  1. ①妹様から相談をお受けし、手続きの流れと料金をご説明
  2. ②ご本人とお会いさせていただき、家庭裁判所の手続きについてご説明
  3. ③委任状をいただき、業務スタート
  4. ④財産の確認と、必要書類の手配
  5. ⑤家庭裁判所へ申立
  6. ⑥補助人選任(弊所の司法書士が補助人に選任されました)
  7. ⑦財産管理スタート
     銀行の手続き
     ヘルパーさんの手配
     裁判所への報告 など

当事務所について

わたしたちは、いただいたご縁を大切にしながら、
一生お付き合いいただける事務所を目指します。

  • 司法書士含め、スタッフ全員が女性です
  • 地元広島で15年以上の実務実績
  • 簡易裁判所 認定司法書士
あすみあ司法書士事務所

便番号:〒732-0052
事務所所在地:広島市東区光町二丁目6番41号セネスビル4F
電話番号:082-569-5323
FAX番号:082-553-0856
営業時間:平日 / 午前9時30分~午後6時
     第2第4土曜日 / 午前10時~午後5時
※電話・メールでの無料法律相談はお受けしておりません。

あすみあ司法書士事務所スタッフ画像
あすみあ司法書士事務所 代表 飯島きよか
あすみあ司法書士事務所
代表 飯島きよか

「どうも、将来のことを考えるのはおっくうで・・・」と、手続をためらう方もいらっしゃいます。

後見制度とは何なんだろう?
自分には、親族には、どんな手続が合っているんだろう?
手続費用はどのくらいかかるのかな?

どんな些細なことでも結構です。ご遠慮なく、お問い合わせください。
「まだまだ先のことだし、今聞いても大丈夫?」
「こんなこと聞いていいのかな?」というご質問でも、丁寧にお伺いいたします。

お気軽にお問い合わせください。

初回相談無料

お問い合わせ相談ご予約ダイヤル

 
082-569-5323

お電話の段階で相談料が発生することはありません。
安心してお問い合わせください。
※電話・メールでの無料法律相談はお受けしておりません。対面での相談となります。ご了承ください。