カテゴリー: 登記

住宅ローンの金利について

今、住宅ローンの金利は、過去最低の水準です。
金利が1%違うと、返済金額が何百万円単位で変わってくることもありますので、
借り換えを検討される方も多いと思います。
金融機関同士でも、競争が激しいようです。
今日、いつもご縁をいただいている住宅会社様の決済がありました。
株式会社西本ハウス
http://www.nishimoto-house.co.jp/
家を新築される方の、土地購入の手続きに立ち合わせていただきました。
そこで、住宅ローンの金利について、いつもお世話になっている銀行の担当の方にお聞きしたのですが、
「引き下げ交渉が可能」とのことです。
銀行の店頭金利とは別に、対応していただけるそうです。
これって、すごいですよね
何がすごいって、家を建てる会社(担当者)の方、
その方がお付き合いされている銀行の担当者の方によって、
金利が変わってしまうってことですよね
今日の契約は、店頭金利よりもさらに安い金利だったようです
良かったですね
銀行名をお出ししていいか分かりませんでしたので、М銀行とさせていただきます
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

100筆を超える登記

先日、不動産決済の立会を行ったのですが、筆数が何と160筆
司法書士になって11年目になりますが、100筆を超える登記というのは、
あまりお手伝いさせていただくことはありません。
立会は、司法書士業務の核だと思っていますので、いつも気合いが入りますが、
いつも以上に気合いが入る要素としまして
①物件数の多さ
②評価額の高さ
の2つがあります。
物件の数が多いということは、確認事項も増えますので、気合いが入ります。
評価額が高い場合は、取引に伴って動く金額が高いので、やはり気合いが入ります。
160筆もありますと、識別情報(権利証)の確認も一仕事ですし、
物件入力作業もしかりです。
登記担当スタッフだけでなく、他のスタッフも一丸となり、無事、決済を終えることができました
(物件入力作業の速さから、WEB担当のスタッフが、入力作業を行っていたようです)
まさに、事務所一丸ですね。
後は、登記が無事完了することを待つばかりです
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

3年ぶりの嬉しいお電話

今日、3年前に相続登記をご依頼いただいた方から、お電話をいただきました
嬉しいですね~。
うちの事務所は、「いただいたご縁を、ずっと大事にしていきたい」と思っています。
人生の中で、「どこに相談したらいいんだろう」と悩んでしまう場面は、多々あると思います。
そんな時に、「思い出していただける事務所でありたい」のです。
以前のご依頼人さまからご連絡をいただくと、想いが通じた気がして、とっても嬉しくなります
精一杯、お手伝いさせていただきたいと思います。
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

営業マン冥利

今日の午前中、不動産の立会がありました。
立会とは
不動産の売主様、買主様、仲介業者、住宅会社、銀行、司法書士が一堂に集まります。
(不動産購入の状況によって、出席メンバーが異なります)
そこで、何をするかといいますと
お金の支払と、登記書類の確認を同時に行います。
不動産を購入すると、「登記」という手続きをしなければなりません。
不動産には、名前を書くわけにいかないので、「自分の持ち物」だということを
示すために、登記をします。
売主様から登記書類をお預かりし、買主様に売買代金の支払いをしていただきます。
今日の決済は、家を建てるための土地の購入でした。
買主さんに、
「なぜ、この会社で家を建てようと思われたのですか?」
とお聞きすると、
「人です
うん、うん、良く分かります。
大きな買い物は、「信頼できる相手から買いたい」というのが一番の理由だと思います。
特に、不動産のように、構造などは素人には判断できないものですので、
「いかに営業の方を信頼できるか」に尽きると思います。
私たちの業界も同様です。
ご依頼人様に、いかに、事務所を信頼していただくか。
これが一番重要です
営業マンさん、とっても喜んでおられました
営業マンさん
http://www.nishimoto-house.co.jp/staffblog/yoshihara-shoichi/
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

登記情報システムのオンライン請求

先日、久しぶりに安佐南区役所に行ったのですが、役所の一角に「登記事項証明書取得コーナー?」がありました。
へぇ~~~。
どんなコーナーなのか気になったので、入ってみました
安佐南区にあった法務局が閉鎖になったので(ずいぶん前ですが・・・)、せめて、登記事項証明書は、近くで取得できるようにという趣旨だそうです。
そこには、オンラインで申請する機械が1台、置いてありました。
なるほど、便利
と、思ったのですが、
受付の方に、よくよく話しを聞いてみると、
お金は印紙で払わなければならない
しかも、印紙は役所で売っていない
不動産の登記事項証明書を取得するには、予め地番か不動産番号が必要
(市役所では調べる方法がない)
・・・・・・
これって、一般の方には、とっても不便じゃないですか
話しを聞けば聞くほど、?マークがいっぱいでした。
せっかくのサービスがもったいない
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

不動産と結婚相手

決済で、ある銀行の担当者がおっしゃった言葉です。
「不動産も結婚相手も、自分にとっていいかどうか」
確かに、どちらもいろいろ考えすぎると、ドツボにはまっていきますよね。
「私にとってはいいけど、周りの人はどう思うかしら・・・」なんて考えてたら、
決まるものも決まりません。
仕事をしていて、決断を求められるケースが良くあります。
法的に、はっきり答えを出せるものであれば何の問題もないのですが、
グレーな部分も踏まえて、答えを出さなければならない時も。
その時に私が考えるのは、「1番の目的は何だろうか」ということです。
目的に順番をつけて、1番の目的をはっきりさせます。
その上で、その目的を達成するためにベストな選択をします。
1度決めたら、あとはまっしぐら~~
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

オンライン納付

うちの事務所では、導入当初から、オンライン申請をしているのですが、
オンライン納付はしていませんでした。
インターネットバンキングは、各金融機関で利用しているので、すぐにオンライン納付できる状況ではあったのですが、
毎日のように法務局に行くので、必要性を感じていませんでした。
もう1つ、腰が重かった原因は、「名前の違い」
私は司法書士登録名と本名(戸籍上の名前)が違うのです。
結婚前から司法書士だったので、旧姓を登録しています。
そのせいで、銀行の手続には本当に苦労しています。
オンラインの納付も、登録している名前と支払口座の名前が違うことで、不具合が生じる可能性があったので、
腰が重かったのです。
しかし、ようやく腰を上げてみました。
実際にやってみると、「口座の登録」をする画面があるので、そこで「本名」を入力することで、無事、納付することができました
と、文章にすると、とても短いのですが、実際はとっても大変でした。
というのは、金融機関を選択すると、なぜか画面が消えてしまうから・・・。
ファイヤーフォックスではOKなのに、インターネットエクスプローラーではNGで
試行錯誤の結果、ようやく完了した次第です。
ふうっ・・・
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

登録免許税の改正

毎年、4月1日は、さまざまな税金が改正になります。
登記の申請をする際、法務局に「登録免許税」というのを納めるのですが、
この計算がややこしいのです。
私たちは慣れていますが、一般の方には難しいと思います。
もしや、わざと??
さらに、登録免許税の減免というのもあります。
不動産の流通を良くして、景気を良くしたい。
オンラインの申請(登記をネットで申請すること)を普及させたい。
などなど・・・。
そういった理由で、登録免許税が安くなります。
期間が決まっているものなので、その期間が過ぎれば、元に戻ったり、安くなる金額が
変わったりします。
この時期、ただでさえ注意が必要なのですが、今回は別の意味で注意が必要でした。
「予算が通らないかも」という異常事態の存在です。
予算が通るか通らないかによって、登録免許税が変わってしまいます。
そして、
「予算が通らないから、つなぎ法案で・・・」
つなぎって何?
結局何がつながれるの???
今日も、法人設立の登記申請の予定が入っていました。
オンラインで申請するので、昨日までは、登録免許税が5,000円安くなっていました。
で、今日は5,000円?。それとも4,000円
(通常通り予算が通っていれば、今日から4,000円でした)
と、最終確認に追われていたようです。
結局、3ヶ月間は据え置きです。
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

新オンライン申請システム

今年の2月14日から、法務局のオンライン申請システムが、変更になります。
昨日、2回目の研修がありました。
もう、2週間後のことですから、詳しい操作の仕方についても、講義がありました。
初めてオンライン申請システムを入れた時は、まぁ、本当に大変でした。
それに比べると、今回は、楽そうと、楽観しておりました。
今朝、「まぁ、一応、体験版でもインストールしてみるか」と、かる~い気持ちで
インストールしてみたところ。
開かない・・・・。
ダウンロード場所を確認し、見てみても、一向に見当たらない
もう1回、ダウンロードしても
「既にダウンロードされてます」・・・。
え~~~~、どこ~~~~~
そういえば、昨日の研修で、
「ファイヤーフォックスでも、動作確認してもらえるようです」
ということは、もしかして
と、インターネットエクスプローラーを開き、ダウンロードしたところ
「できた」
たったこれだけで、既にお昼過ぎ・・・。
こんなんで、本番、大丈夫なのかしら
恐るべし
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2(平成23年2月14日スタート)

決済で感じる司法書士の歴史

今日は、八本松の銀行で、決済がありました。
決済とは、不動産を購入する時の手続きです。
通常は、不動産の売主さん、買主さん、仲介業者さん、銀行の担当者の方が集まります。
不動産を購入すると、登記の名義を変更する必要があります。
登記の名義を変えるためには、登記識別情報(権利証)が必要です。
買主さんとしては
「先にお金を払っても、登記ができるかどうか心配
売主さんとしては
「権利証を渡してしまっても、お金を払ってもらえるか心配
その橋渡しが、司法書士の役目です
司法書士は、その場で、登記に必要な書類を確認し、OKであれば、
売主さんに、売買代金を支払っていただきます。
そうすることで、安心して取引をしていただけます。
でも、よ~く考えてみれば、司法書士を信頼していただけなくては、成立しないものですよね。
これは、100年かけて先輩方が築いて下さった信頼の歴史のお陰だと思います。
時代とともに、決済の方法も変化し、司法書士の役割も変わるかもしれませんが、
次の世代につなげることができたらいいなと思いました。
「次の世代」という言葉は、最近の私のはやりなんです。
子どもが産まれたせいかもしれませんね
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2(平成23年2月14日スタート)