人が聞いてくれる話し方

車で、八丁堀の交差点を通っていると、何かを主張している女性の声が聞こえてきました。
近づくにつれ、何となく、政治的というか、ある条例に対する反対意見のようでした。
(あまり、きちんとは聞き取れませんでしたが)
ただ、とても落ち着いた声で、しかも、トーンが低く、思わず聞き耳を立ててしまうほどでした。
「どんな方が話しをされているのだろうか」と思って探していると、
何と、その声は、右翼の街宣カーから聞こえてくるではありませんか
一瞬、目を疑ってしまいました。
(もしかしたら、勘違いかもしれません)
右翼と言えば、軍歌などを大音量で流し、
何を主張しているのかよく分かりにくいテープが流れてくるという
イメージしかありませんでしたので、びっくりしました。
「聞いて・聞いて」と、一方的に押されると、引きますよね。
それに対して、落ち着いたきれいな声で、ゆっくりと話しをされると、
自分の方から、「聞こう」という姿勢になります。
それにしても、右翼の街宣カーの戦略の変更って、コンサルタントでもいるのでしょうか
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

2012/01/13

緊急入院

私が任意後見契約を締結させていただいている方が、緊急入院されました。
肺炎とのことです。
お元気ですし、判断能力にも全く問題がありませんので、現在は、
見守り契約で決めた内容で、ご縁をいただいています。
具体的には、1ヵ月に1回、お電話でお話しをさせていただき、3ヵ月に1回、お会いしています。
お会いする時には、施設を訪問させていただくこともありますし、
街中でお茶することもあります
急いで、病院に向かったのですが、やはり、しんどそうでした。
病院の説明では、体調が回復したら、退院できるとのことですが、
心配です
後見の業務は、普段は落ち着いているのですが、
「何かあった時」は、事務所をあげて対応することが必要になります。
物理的な面はもちろんですが、精神的な面でも、可能な限り、不安を取り除けるような
お手伝いがしたいと思っています。
今朝の事務所ミーティングでも、担当だけでなく、スタッフ全員で、
対応にあたることを確認しました
今日も、これから病院に行ってきます。
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

2012/01/12

見た目で損するお店

夫と息子と私の3人で、初詣に行った帰りに、お昼ご飯を食べようと、
あるデパートのレストラン街に行った時のことです。
ちょうどお昼時だったので、どの店も混んでいて、順番待ちしなければ
入れませんでした。
そんな中、1件だけ、空いているお店が
なぜ、ここだけ
とっても迷いました
美味しくないから、空いてるのでしょうし
でも、子どもが小さいので、混んでいるお店には入りづらいし、
「えいっ」と、入ってみました。
接客態度も、お世辞にも良くはありません。
お店の内装も、暗い・・・・。
趣味もあまり・・・・。
運ばれた料理を見て、これまたがっかり
美味しくなさそうなんです。
が、食べてびっくり
美味しいんです
期待していなかった分、余計にそう、感じたのかもしれませんが、
美味しいんです。
夫と2人で、「もったいないね~~」と話しをしました。
「見た目」って、とっても大切です。
事業するようになって、特に実感しています。
なので、初めて相談者様にお会いする時は、今だに緊張します。
・身だしなみは大丈夫?
・話し方は?
・挨拶は?
と、お会いする前に、いろいろとチェック事項があります。
私だけでなく、事務所スタッフ全員が同じ条件です。
もちろん、電話対応もしかりです。
せっかくお電話いただいた方に対して、
・失礼のないように。
・信頼していただけるように。
改めて、「見た目」「イメージ」って大事だなと実感しました。
勉強材料?は、どこにでも転がっているものですね
弊所運営サイト
 「飯島きよか司法書士事務所」http://sihou.biz/?ms2
 「ひろしま債務整理相談室」http://hiroshima-saimuseiri.com/?ms2
 「ひろしま相続手続き.com」http://hiroshima-souzoku.com/?ms2

2012/01/10

選択日記

明けましておめでとうございます。
今日から、うちの事務所も仕事始めです
話しは、全く変わりますが、NHKの「白熱教室」シリーズをご存知ですか?
「白熱教室」
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/
大学の先生が、それぞれのテーマで講義をするのですが、
今回、ハマってしまいました。
コロンビア白熱教室
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/columbia/archive.html
テーマは、「選択」です。
何気な~く、テレビをつけていたのですが、気がついたら、正座してました
第3回は、最良の選択をする方法についての講義だったのですが、
「選択日記」について、お話しがありました。
・人は、なぜ間違った選択をするのか。
・そもそも、選択は、どのようにして行われるのか。
・最良の選択をする方法は何か。
その方法が、「選択日記」をつけることだそうです。
毎回、同じようなことで失敗し、同じようなことで後悔している気がするのですが、
その事について、深く考えたことはありませんでした。
もしかすると、選択の仕方が間違っているのかもしれません。
で、さっそく、実践してみることにしました。
(単純ですね)
いざ、実践すると、無意識に行っていると思っていた行動も、実は、選択に基づいている
ことに気づかされます。
もちろん、選択のレベルは違いますが。
よい選択ができるようになることが、最終目的ですが、
今年の目標は、まず、「選択日記をつけること」にしようと思います
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

2012/01/04

住宅ローンの金利について

今、住宅ローンの金利は、過去最低の水準です。
金利が1%違うと、返済金額が何百万円単位で変わってくることもありますので、
借り換えを検討される方も多いと思います。
金融機関同士でも、競争が激しいようです。
今日、いつもご縁をいただいている住宅会社様の決済がありました。
株式会社西本ハウス
http://www.nishimoto-house.co.jp/
家を新築される方の、土地購入の手続きに立ち合わせていただきました。
そこで、住宅ローンの金利について、いつもお世話になっている銀行の担当の方にお聞きしたのですが、
「引き下げ交渉が可能」とのことです。
銀行の店頭金利とは別に、対応していただけるそうです。
これって、すごいですよね
何がすごいって、家を建てる会社(担当者)の方、
その方がお付き合いされている銀行の担当者の方によって、
金利が変わってしまうってことですよね
今日の契約は、店頭金利よりもさらに安い金利だったようです
良かったですね
銀行名をお出ししていいか分かりませんでしたので、М銀行とさせていただきます
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

100筆を超える登記

先日、不動産決済の立会を行ったのですが、筆数が何と160筆
司法書士になって11年目になりますが、100筆を超える登記というのは、
あまりお手伝いさせていただくことはありません。
立会は、司法書士業務の核だと思っていますので、いつも気合いが入りますが、
いつも以上に気合いが入る要素としまして
①物件数の多さ
②評価額の高さ
の2つがあります。
物件の数が多いということは、確認事項も増えますので、気合いが入ります。
評価額が高い場合は、取引に伴って動く金額が高いので、やはり気合いが入ります。
160筆もありますと、識別情報(権利証)の確認も一仕事ですし、
物件入力作業もしかりです。
登記担当スタッフだけでなく、他のスタッフも一丸となり、無事、決済を終えることができました
(物件入力作業の速さから、WEB担当のスタッフが、入力作業を行っていたようです)
まさに、事務所一丸ですね。
後は、登記が無事完了することを待つばかりです
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

2011/12/24

夫に閉め出される

以前、夫を閉め出した話を書いたと思いますが
「夫を閉め出す」
http://sihoubiz.seesaa.net/article/236464991.html
先日、夫から、閉め出されてしまいました・・・
閉め出されたといっても、私は「寝室」を閉め出されました
その日は、仕事を持ち帰っており、子どもを寝かしつけた後、仕事をする予定に
していました。
その日に限って、子どもは、なかなか寝てくれない・・・。
で、夫が、子どもを寝かしつける際、寝室のカギを閉めて
(自分が寝落ちしてしまっても、危なくないように)
そして、そのまま
仕事も一段落し、「よし、寝よう」と、寝室のドアを開けようとしたところ、
「開かない
あ~ぁ、閉め出されちゃった・・・。
まぁ、同じ家の中ですから、夫の場合とは、深刻さが違いますが。
寒いので、暖房をガンガンにして、パジャマの上にパジャマを着て、
リビングのソファーで寝ました。
次の朝、夫が申し訳なさそうに起きてきました
あははは。
余談ですが、家の中にある鍵は、全て爪楊枝で開けることができるそうです
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

2011/12/19

手がかかる?債権業者

うちの事務所では、貸金業者に対して、過払いの請求をさせていただくことも多いのですが、
ご依頼人さまが、最初に事務所にご相談にいらっしゃる場合
1、ご相談にいらした時点で、支払をされている場合(債務が残っている場合)
2、既に完済されている場合
の2つのケースがあります。
1の場合は、引き直しの計算をして、初めて、過払いになっていることが判明します。
2の場合は、過払いになっていることが確実です。
もちろん、2の場合でも、過払いの金額は、引き直しの計算をしなければ分かりません。
今回、2のケースで、事務所にご相談にいらした方の手続きが「やっと」終わりました。
「やっと」と言いますのも
和解では、全く話しにならない相手なので、訴訟するしかありません。
訴訟でも、「引き延ばし」に次ぐ「引き延ばし」で、あらゆる手を使ってきます。
「移送の申立」から始まり
 
「悪意でないことの主張」
「膨大な準備書面」
最後は、「控訴」まで・・・
ここまでは、良くあることなのですが、この会社は、出廷してきません。
もう1つ、同じような対応をしてくる業者があるのですが、この業者は、
控訴になれば、きちんと出廷し、話しをする余地があります。
結局、この業者は出廷しませんので、取り下げ擬制となり、1審の判決が確定します。
本当に時間がかかります。
それで、すぐに払うのかと思えば、確定後も、減額の要求をしてきます。
うちの事務所の場合、債権者とどのように対応していくかは、ご依頼人さまの状況で
判断していきます。
・裁判をして、回収した方がいいのか
・和解をして、早く入金してもらった方がいいのか
etc.
今回は、他に債務もなく、時間がかかっても構わないということでしたので、
どっしり腰を据えて、対応することができました。
お陰さまで、支払日までの利息も含めて、全額回収しました
まぁ、いつものように、ご本人さんに、直接、電信現金払で支払ってきましたが。
最後まで、手がかかる相手です
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

2011/12/14

懐かしい出会い

先日、あるご依頼人さんの任意売却のお手伝いさせていただきました。
その買主さんのお名前を拝見してびっくり
10年ほど前に、ある会合でご一緒させていただいた方でした。
久しぶりにお会いしましたが、相変わらず、お元気そうでした。
しかも、とてもご活躍のようで、素敵に年齢を重ねておられました。
不思議なご縁を感じていたのもつかの間、また、驚くべきご縁が
子どもと一緒に、広島そごうのおもちゃ売り場を散策中、ふと見ると、その方が
えっこんなところで
またしても、不思議なご縁を感じました
その方から、素敵なブログを紹介していただきました。
「レトロモ洋品店」
http://retromo.exblog.jp/13084754/
奥様がされているそうですが、今の私の境遇にぴったり
いつか、お店を覗いてみたいと思います
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

審査が不要のカード

ご依頼人様から、興味深い情報をいただきました。
【Visaデビットカード】ってご存知ですか?
通常、カード払いというと、翌月とか2カ月後に請求がきたりします。
ですから、審査に通らなければ、カードを作ることができません。
このVisaデビットカードは、クレジットカードではないんです。
カードを利用すると、即座に銀行の口座から引き落としがされます。
なので、口座にお金がなければ、使用することができないのです。
このカードのいいところは、「借金ではないので、審査は不要」というところ。
だって、自分の銀行口座から、即座に支払うわけですから。
借金の整理をすると、カードが使えなくなってしまうので、生活が不便になってしまうことがあります。
例えば、ネットショッピングなどは、カード払いが原則ですし、中には、カードでしか利用できないものもあります。
そういった機会が全て奪われてしまうことに、違和感を感じていました。
(現金で購入する方が、手数料などの関係で、高くなってしまうこともあります)
お金の管理もしやすいですし、とても便利だと思いました
◆運営HP
 「飯島きよか司法書士事務所」
 「ひろしま債務整理相談室」
 「ひろしま相続手続.com」

2011/12/09